【コラム】逮捕されたらいつ出られるか…①

2019-04-24

72時間、10日、20日・・・。

有名人が逮捕されると、テレビのワイドショーなどで、こういう数字をよく耳にします。

いずれも、刑事訴訟法の勾留に関する条文に絡む数字です。

逮捕後、最大72時間以内に検察官は10日間の勾留請求するか、釈放しなければなりません。つまり、このタイミングが、逮捕されて勾留されずに釈放されるか、10日間の勾留がなされてしまうかを決める重要なタイミングです。

最大72時間以内なので、実際には、もっと早く決まってしまいます。

東京地検本庁(多くは東京23区内の警察で逮捕された場合)では、逮捕の翌日には検察官が勾留請求し、翌々日のお昼頃には裁判所が勾留決定をしてしまうケースがほとんどです。

それまでに弁護人が適切な弁護活動がなされることで、何もしなければ当然のように10日間の勾留決定がなされてしまったであろう事件で、釈放されるケースはたくさんあります。

何もしなければ、検察官も裁判官も、ほとんど警察官が集めた証拠だけをもとに、勾留するかどうかを決めてしまうからです。

もっと早く依頼してくれていたら・・・と思う事件に遭遇することは、残念ながら刑事弁護人にとって日常茶飯です。

多くの刑事弁護人や弁護士会は、長年にわたり逮捕直後から国選弁護人を選任できる法律の制定を目指していますが、根強い反対があり、未だに実現できていません。

                                            (②に続きます。 小泉)

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 早稲田リーガルコモンズ法律事務所 All Rights Reserved.