【研修講師情報】東京法廷技術アカデミー(量刑事件の研修)

2019-11-22

11月14~17日の4日間、当事務所の趙弁護士がメンバーとして参加する東京法廷技術アカデミー(TATA)で量刑事件の法廷技術研修が行われました。

東京法廷技術アカデミー http://www.trialadvocacy.jp/ 
は、趙弁護士が当事務所設立前に師事していた高野隆弁護士が中心となり設立された社団法人です。
弁護士の法廷技術の向上を目的にして、多様かつハイレベルな研修を開催しています。
私、髙橋も、高野隆法律事務所でアルバイトしていた学生時代から、TATAのビデオ係や事務局のお手伝いをしていました。

今回のTATA研修では、裁判員裁判対象事件を題材に、専ら量刑が争点になっている事件でどう弁護するかがテーマになっていました。
刑事裁判は、無罪を主張するような否認事件が注目を集めがちですが、実際には起訴された事実に争いのない事件も少なくありません。
当事務所でも、そのような量刑事件も多く扱っており、適切な量刑の判決を勝ち取るために日々取り組んでいます。

事実を争わない事件であっても、弁護士の力量や法廷活動によってその判決には確実に差が出ます。
我々も、一つ一つの事件に丁寧に取り組んでいこうと思います。

髙橋

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 早稲田リーガルコモンズ法律事務所 All Rights Reserved.