執行猶予にしてほしい方へ

 

執行猶予とは?

執行猶予とは、刑の執行を一定期間猶予してもらえる制度です。
裁判で有罪であると認定されると、その犯罪に対応する刑罰(懲役○年など)が判決で言い渡されます。執行猶予が付されない、いわゆる実刑判決の場合、言い渡された判決の内容に従って刑務所に収容されることになります。

しかし、判決において執行猶予が付されると、その猶予期間中は刑務所に入る必要がなくなります。たとえば、「懲役1年、執行猶予3年」という判決が下された場合、3年間は刑務所に入ることを猶予されます。
それだけではありません。もし猶予された3年間、罪を犯すことなく真面目に社会生活を送ることができれば、刑の言い渡しはその効力を失います。

 

執行猶予のメリット

執行猶予判決を受けることで、刑務所に収容されることを回避できます。
執行猶予の判決が下されたときは、その日のうちにご自宅に戻ることができます。

また、猶予期間中に再度罪を犯してしまうようなことの無い限り、執行猶予期間の満了により、刑の言い渡しは効力を失います。
これにより、刑務所へ入る可能性は完全に消滅します。
 

執行猶予を獲得するためには

執行猶予を獲得するためには、裁判官に「この人は今すぐ刑務所に入れなくても、更生して社会復帰してくれるだろう」と確信させる必要があります。
裁判官にこのような確信を抱かせるため、我々弁護人は最善の弁護活動を行います。

被害者との示談は執行猶予を獲得するうえで極めて重要です。
また、自分の犯してしまった罪と向き合い、反省を深めることも大切です。
ご家族や友人、職場の上司などの支援が得られる場合は、被告人を見守り、監督してくれる方々がいることを裁判所に伝えます。
今回の事件が起きてしまった背景を分析し、今後同じ過ちを犯さないためにはどうすればよいのかを被告人と一緒に考えます。

刑事事件は、どんな事件もひとつひとつ違う側面をもっていますので、マニュアル通り一定の行動をとれば必ず執行猶予がつくというものではありません。
そのため、経験豊富な弁護士による最善の弁護活動が必要となるのです。
 

再度の執行猶予

執行猶予期間中に再度罪を犯してしまった場合、通常、今回の事件については執行猶予判決は期待できず、それに加えて前の事件の執行猶予が取り消されることになります。

しかし、執行猶予期間中であっても、今回の判決で1年以下の懲役または禁錮の言渡しを受け、かつ、情状に特に酌量すべきものがあるときには、再度執行猶予が付される可能性があります。

再度の執行猶予判決を獲得するためには、今回の事件を起こしてしまった動機、経緯等を入念に分析し、情状立証に望む必要があります。
 

執行猶予に関する条文(刑法)

(執行猶予)

第25条
 次に掲げる者が3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から1年以上5年以下の期間、その執行を猶予することができる。
 前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者
 前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その執行を終わった日又はその執行の免除を得た日から5年以内に禁錮以上の刑に処せられたことがない者

 前に禁錮以上の刑に処せられたことがあってもその執行を猶予された者が1年以下の懲役又は禁錮の言渡しを受け、情状に特に酌量すべきものがあるときも、前項と同様とする。ただし、次条第1項の規定により保護観察に付せられ、その期間内に更に罪を犯した者については、この限りでない。
 

(保護観察)

第25条の2
 前条第1項の場合においては猶予の期間中保護観察に付することができ、同条第2項の場合においては猶予の期間中保護観察に付する。
 保護観察は、行政官庁の処分によって仮に解除することができる。
 保護観察を仮に解除されたときは、前条第2項ただし書及び第26条の2第2号の規定の適用については、その処分を取り消されるまでの間は、保護観察に付せられなかったものとみなす。
 

(執行猶予の必要的取消し)

第26条  次に掲げる場合においては、刑の執行猶予の言渡しを取り消さなければならない。ただし、第3号の場合において、猶予の言渡しを受けた者が第25条第1項第2号に掲げる者であるとき、又は次条第3号に該当するときは、この限りでない。

 猶予の期間内に更に罪を犯して禁錮以上の刑に処せられ、その刑について執行猶予の言渡しがないとき。
 猶予の言渡し前に犯した他の罪について禁錮以上の刑に処せられ、その刑について執行猶予の言渡しがないとき。
 猶予の言渡し前に他の罪について禁錮以上の刑に処せられたことが発覚したとき。
 

(執行猶予の裁量的取消し)

第26条の2  次に掲げる場合においては、刑の執行猶予の言渡しを取り消すことができる。

 猶予の期間内に更に罪を犯し、罰金に処せられたとき。
 第25条の2第1項の規定により保護観察に付せられた者が遵守すべき事項を遵守せず、その情状が重いとき。
 猶予の言渡し前に他の罪について禁錮以上の刑に処せられ、その執行を猶予されたことが発覚したとき。
 

(他の刑の執行猶予の取消し)

第26条の3  前2条の規定により禁錮以上の刑の執行猶予の言渡しを取り消したときは、執行猶予中の他の禁錮以上の刑についても、その猶予の言渡しを取り消さなければならない。
 

(猶予期間経過の効果)

第27条  刑の執行猶予の言渡しを取り消されることなく猶予の期間を経過したときは、刑の言渡しは、効力を失う。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 早稲田リーガルコモンズ法律事務所 All Rights Reserved.